© 凪工房の住まい日誌 All rights reserved.

アーカイブ:2019年 4月

20194/12

「建築家住宅」はなぜかっこいいのか?(中編)

モダニズム 社会・文化の構造を過去の体系から脱却して、合理主義によって構築しようとする態度。一般的には近代主義と訳され、歴史主義、様…

20194/9

「建築家住宅」はなぜかっこいいのか?(前編)

「建築家住宅」はなぜ金太郎飴を切ったかのようにみなカッコよくおしゃれなのだろうか?結論からいえば建築家の設計・デザイン作業というもののベク…

正しい設計料の考え方

工事費の何%という設計料の決め方はまったくもって悪しき「土建大国ニッポン」の名残であって、本来工事費が高いから設計料が高い、工事費が安いか…

20194/4

大喜利派

あらゆるお題をいただいて自身の多くの引き出しに保管されている「美意識」にもとずいて解決していくタイプ。もしくは建て主の言うことを良く聞くた…

20194/3

ディテール派

空間の神はディテールに宿ると信じており、商業建築なども多くこなす。彼ら「ディテール派」の事務所には原寸大のドアノブの模型がごろごろしていた…

20194/2

シリーズ派

工法・システム・シリーズ・定番という言葉に関心があり、特許を取ったり、商品化することにも、興味がある。いつも同じものを繰り返し建て、完成し…

20194/1

ガテン派

施主とともに自ら現場で汗をかいて腕を振るうことに快感を覚えるタイプを「ガテン派」という。もちろん「ローコストでお願いします」という建て主の…

ページ上部へ戻る